株主優待

オリックスの株主優待【水族館年パスの圧倒的還元率】

ギフトカタログを見るのは
楽しいと思いませんか?
今回はギフトカタログを株主優待としている
オリックスの株主優待(2020年)
について紹介します

〇オリックスの株主優待(2020年)

私は100株保有していました。
オリックスグループの割引に使える
株主カードと
ギフトカタログが送られます。
※6月末に受け取りました。

こちらのカタログには
だいたい3000円前後の商品が並んでいます。
因みに、3年以上の保有で
商品がグレードアップします。
私の元に届いた株主優待のカタログは
「ふるさと優待 Bコース」ですが
3年以上の保有でランクアップし
「ふるさと優待 Aコース」になります。
+2000円位上乗せされると聞いているので
3年以上保有の株主向けカタログを
受け取るのがちょっと楽しみです。

商品のラインナップも豊富にあり
定番の食品、お菓子から
洗剤詰め合わせ、保存食など
選択肢は80種類をこえます。

さて、この3000円前後の
商品ラインナップ中に2点
8000円以上の価値のあるものが
しれっと混ざっています。

それがこちら

すみだ水族館や
京都水族館の年間パスポート引換券です。

2020/7/5時点の情報ですが
すみだ水族館の年間パスポートは
大人4100円
2020/7/16以降は 大人4600円
京都水族館の年間パスポートは
2020/7/15まで大人4100円
2020/7/16以降は 大人4400円
この引換券が2枚もらえます。
価値に直すと
すみだ水族館で8200円
2020/7/16以降の京都水族館で8800円
2020/7/16以降のすみだ水族館で9200円です。

なぜちょっと高額なものを
カタログに混ぜることが出来るのか?

実はすみだ水族館、京都水族館は
オリックスが運営しています。
オリックスの側から見れば
他のカタログギフトは
仕入れに2000円はかかっているでしょうが
水族館の年間パスポートは
仕入れ値をあまり気にする必要がありません。
水族館は、固定費が高いですが
お客さんが1人増えても
サービスを提供するためのお金は
全然かかりません。

年間パスポート発行時に手続きをする時の
従業員への給与とカードの実費
かかっても1000円くらいでしょう。

同じ理由で、オリックス株主様
野球観戦ご利用券(5000円分)
もお得度が高くなっています。
自社商品を株主優待にしているところは
還元率が高くて良いですね。

年間パスポート引換券をもう少し説明します。
まず、引換有効期限があります。
それが3月末になります。
※感染症の流行状況によって変更するかもしれません。
有効期限は引換後1年間になります。
都合のいいタイミングを狙って楽しむことになります。

また、多少勿体ない使い方ですが
あまり時間の都合が取れなさそうなら
「水族館の入場券」と割り切るのもありです。
水族館に1回入場するだけでも
大人2人で4000円を超えます。

株主カードについて
具体的に説明しませんでしたが
すみだ、京都、新江ノ島水族館で
入場料10%OFF
オリックスレンタカーの割引
オリックスの野球観戦を優待価格
などのサービスが付いてきます。

オリックス関連施設の利用があるなら
それだけでオリックス株の保有を
検討しても良いかもしれません。

外部機関による業績見通評価の悪化から
現在、株価が大幅に下がりましたが
優待だけでなく、配当利回りも高いため
金銭的に余裕がなくなるまでは
持ち続けていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。