節約

家計簿のチェック方法

節約をするなら、そもそも家計を把握する必要があります。
家計簿つけていますか?
または、家計簿をつけている「だけ」になってませんか?
今回は家計簿をつけていることを前提にして
家計簿を振り返り・チェックする観点のお話をします。

家計簿チェックの観点
・出費に見合った内容だったか
・必要な出費だったか
・もっと安くならないか
・世間一般の家計簿と比べて異常に高い項目は無いか
・惰性で使っている支出は無いか

出費に見合った内容だったか

1万円出費した時の楽しさと千円出費したときの楽しさは
ちゃんと比例しているでしょうか?
お金を使った分だけ楽しめていますか?
お金をかけた分だけおいしい食事はできましたか?
費用対効果は妥当だったでしょうか?

5千円出して参加したつまらない飲み会
300円払って見たとても面白かったレンタル映画
こんな逆転現象はないでしょうか?
もしあれば、お金の使い方を間違えていると言えます。

このように
出費に見合わない感想になった出費については
どうすればよかったのか精査しましょう。

飲み会をランチにする
家飲みにする
もう少しコストパフォーマンスの良いお店に行く
そもそも参加しない…
など色々な選択肢が考えられますね。

これについては
自分なりに出費と結果に納得しているなら
精査しなくて構いません。
例え1万円使っても大して嬉しくならなかったことが問題であり
1万円使って1万円分の喜びを得られたのなら
決して無駄づかいではありません。

必要な出費だったか

自炊のために買った食材
全て捨てることなく使い切ったでしょうか。
10個入りの使い捨てカイロを買い、2つだけ使って次のシーズンを迎えていないしょうか。
必要ないものまで買っていませんか?
例えば、
・ネギ1本98円
・ネギ3本238円
となっていたら
3本を買った方が1本あたりは79円となるので、安くなります。
でも1本腐らせたりしてしまうと
2本を238円で買った、つまり
1本あたりを119円で買ったことになり
1本ずつ買った方が安いことになります。

私も、例えば青春18きっぶを利用しますが
青春18切符は5回分が
12000円程になりましたね。
1回あたりは2400円です。

地元へ帰省する2回分だけあれば十分ですので
5回使う用事は無いなと思ったら
多少割高でも
2回分 7200円
3回分 9000円
などを金券ショップで
バラで買います。

必要な分だけ購入することが
結局安く上がります。

もっと安くならないか

今日コンビニで買ったもの
ディスカウントストアやスーパー
100均で購入した方が安くありませんでしたか?
旅行について、早めに
予約しておけばもっと安い料金にならなかったでしょうか。
本や動画であれば、読み放題、見放題のサービスに加入した方が良いかもしれません。
レジャーについても、うまくクーポンなどを利用できているでしょうか。

個人的に100円に満たない差額は
仕方ないと思って諦めてますが
100円以上…数百円
もしくはそれ以上の金額の違いになると
見過ごせません。
見過ごせる金額の感性は人それぞれですが
自分なりの基準を持っておきましょう。

世間一般の家計簿と比べて異常に高い項目は無いか

例えば通信費
仮に一人暮らしだとすると
端末代を除けば7000円もあれば収まるようになっています。
内訳は
モバイルwi-fi(Wimax2)  4000円
スマホ(多少の通話料含む)3000円

この水準を超えていれば使いすぎだと思って良いです。

もっと言えば
モバイルwi-fi(Wimax2)  3500円
スマホ          1500円
までは頑張れます。

食費について
お仕事の都合もあると思いますので
多少余裕をもって外食を取り入れる前提で
1人だと35000円(そこそこ外食してると超える金額)
2人だと55000円(共働きでそこそこ外食してる)
を超えるようなら改善すべき項目となります。

自炊で頑張る場合は
1人だと20000円
2人だと35000円
を超えるようなら改善の余地がある項目と言えます。

私の場合、自炊をすれば月20000円以下(15000円強)になりました。
健康も気になるところなので、毎日ヨーグルトを食べて
その出費が月3000円ですが、それも込みで達成できます。
収入が多ければ多少この項目は
お金をかけてよいかとも思います。
健康のために

またタバコ、お酒、車両費…
他人の家計簿を見てみると項目そのものがない項目があるかもしれません。
かつ、それなりの出費になっているかもしれません。

車両費は仕方ない部分もありますが
タバコ、お酒はあくまで嗜好品です。
余裕が無ければ一旦やめましょう。

色々な家計簿を見れば、自分の家計簿と色々比較できます。
探してみてください。

惰性で使っている支出は無いか

毎月購入している雑誌
今は見なくなった定額の動画サイト

本当に必要でしょうか?
特にずっと買い続けている漫画や雑誌は
「そのうち読もうと思って読まないまま次巻が出た」
状態になってしまったら
卒業のタイミングです。
読む時間や
読みたいという気持ちが
無くなってしまったら
潔く卒業しましょう。

まとめ

以上、管理人の家計簿チェックポイントを述べてみました。
家計簿はあくまで「よりよい生活を送る」という
目的のためのツールです。
家計簿をこのようにいろいろな視点から見て
自分のお金の使い方の問題点を洗い出せます。
せっかく付けたのであれば、上手に活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。