お得キャンペーンなど

2020年10月1日都民の日は実施と発表【上野動物園など無料入園できる】

毎年、10月1日は都民の日です。都営の娯楽施設などが無料で楽しめる日です。

2020年10月1日(木曜日)に施設の無料公開や記念行事を行うことが決定されました。詳しくは 東京都 都民の日における施設無料公開及び記念行事 に広報があります。

因みに都民の日となっていますが、別に都民に限らず誰でも無料で施設公開されています。上の対象施設の写真を見ればお分かりかと思いますが、そもそも受付が解放されていて入場フリーです。今年は新型コロナでたぶん実施しないだろうと諦めていたのですが、嬉しいニュースですね。コロナで状況が変わって中止にならないことを祈ります。

ということで、まずは入園料・観覧料などが無料になる施設一覧です

・浜離宮恩賜庭園
・ 旧芝離宮恩賜庭園
・小石川後楽園
・ 六義園
・ 旧岩崎邸庭園
・ 向島百花園
・ 清澄庭園
・ 旧古河庭園
・ 殿ヶ谷戸庭園
・ 神代植物公園
・ 多摩動物公園
・ 恩賜上野動物園
・ 葛西臨海水族園
・ 井の頭自然文化園
・ 夢の島熱帯植物館
・ 東京港野鳥公園
・ 東京都江戸東京博物館(常設展のみ)
・ 江戸東京たてもの園
・ 東京都庭園美術館(庭園のみ)
・ 東京都写真美術館(「エキソニモ アン・デッド・リンク インターネットアートへの再接続」「TOPコレクション 琉球弧の写真」「生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市」)

もちろん、コロナとの兼ね合いがあるので感染症対策はきっちりしないといけません。そのため、上野動物園と葛西臨海水族館については、事前に整理券の入手が必要になります(もちろん無料です)
どちらも、毎週土曜日午前9時に「翌週の土曜日からその次の金曜日まで」(休園日を除く)の受付を開始します。とのことなので、10月1日の整理券は、9月19日(土曜日)午前9時に受付開始となります。もし都民の日に無料で行きたい方は要チェックです。

都民の日は関東圏の方しか楽しめませんが、公営の動物園は無料の日が設定されているものが多いので、うまく使ってお得に楽しみたいですね。動物園に行くお金すらない…という方も、無料の日やイベントはいつか、情報をチェックしておくべきかと思います。

公営の動物園自体が非常にコスパの高い安く楽しめる娯楽なので、生活保護を受けていた頃の私も何度か足を運びました。大人600円で半日楽しめるのは素敵ですね。上野動物園はパンダがあまりにも有名ですが、他にも数多くの動物がいます。個人的には広いスペースで元気に動くコツメカワウソと、動くまでずっと見ていられるハシビロコウがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。