健康で文化的な生活

安い高速バスで少しでも快適に過ごす方法

私は旅が好きです。
生活保護受給者でも低所得でも
旅が好きな方はいらっしゃるかと思います。
生活保護において、旅行は別に禁止されていません。
※ただ、お住いの自治体によっては
止めてくださいと言われるかもしれません。
宿泊を伴うような旅について
生活保護受給開始時に説明がある場合もあれば
何も触れない場合もあります。
自治体によりますし、ケースワーカーさんによります。

また、訪問したけど連絡が付かなかったと
ケースワーカーさんに言われる可能性もあるので
旅行することを言った方が無難ではあります。

生活保護で娯楽にお金を使うのは…
という意見もあるかと思いますが
毎月、娯楽に大したお金を使わず
5千円、1万円ずつ浮かせたお金で
年に1,2回旅行をすることは
私は特に問題ないかと思ってます。

とはいいつつ、そもそも論で
生活保護世帯には新幹線や飛行機は高いと思います。
けど比較的安い高速バスなら手を出しやすいのではないでしょうか。

高速バスは場合によっては結構疲れたりします。
他の移動方法と比べ時間がかかり疲れやすい
だからこその値段設定とも言えます。
しかし、疲れを減らせれば
夜行バスで移動し朝一で観光するなど、楽しい旅ができます。
前置きが長くなりましたが今回は
高速バスでの疲れを減らす
快適な過ごし方についてのお話です。

靴を脱ぐ

靴を履いているか脱いでいるかで
快適度は全く異なります。
特に蒸れるタイプの靴は脱ぐと全然違います。

靴下も可能でしたら
脱いでしまった方が良いでしょう。
快適さが全然違います。

全くの素足は色々抵抗あると思いますので
素足+使い捨てスリッパで過ごすのがお勧めです。

ゆったりできる服装で

私は高速バスに乗る前のトイレでジャージなどに着替えてしまってます。
到着後もまた外出用の服装に着替えています。
多少面倒くさいですが楽に過ごせます。
Gパンなどは蒸れて辛いので高速バス乗車時に履きたくありません。
また、女性がスカートで夜行の高速バスに乗るのはあまりお勧めしません。
寝相があまりよろしくない方は特にですが
そうでなくとも、はだけて危険かなと思います。
また、皺にもなりやすいです。
勿論、寝なければ話は全く別です。
気にせずにスカートでお過ごしください。

靴を脱ぐ話と共通しますが
高速バス移動において快適に過ごしたければ
オシャレの意識は一旦捨てましょう。

高速バスで充電

USBコード
USBコンセント
携帯充電器

※利用する高速バスによります

高速バスには、コンセントが付いていたり
USB端子が付いているものがあります。
現代において、スマホの充電は生命線だと思います。
充電できそうなら、ありがたく利用しましょう。

その他便利アイテム

ここからは細かい便利アイテムについて

・マスク
・目薬

一番の目的は乾燥予防です。
高速バス内はエアコンが効き、乾燥しやすくなっています。
乾燥から体調を崩すと楽しい旅も台無しです。注意しましょう。

・汗拭きシート

特に夜行バスに乗る際に
到着したとき汗でべたついているかと思います。
不快感が残れば楽しい旅も台無しです。解消しましょう。

・アイマスク
・耳栓
・ネックピロー
・ブランケット

アイマスクは明るいと寝られない方向け
耳栓はうるさいと寝られない方向けです
隣の方のいびきが非常にうるさいなど、どうしようもないケースもあるので
余裕で寝られる方以外は持っておくことを勧めます
これらを組み合わせれば、結構まともに寝れます。
ブランケットは100均で買える圧縮袋に入れて
持っていくのがお勧めです。

まとめ

以上、管理人もたまに利用する高速バスのお話しでした。
高速バスはうまく使えば旅の費用を大きく節約できます。
車中泊や青春18切符の旅でも応用できるかと思います。
是非役立てていただければ幸いです。

またここまで、基本的に4列シートでの前提でお話しをしました。
3列シートなど、少しお値段はかかりますが
快適に過ごせる高速バスもあります。
予算が許せば探してみるのもありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。