生活保護での生活

暇でお困りの方に贈る生活保護受給者向けの暇つぶし10選【お金無くても大丈夫】

今回は生活保護受給歴3年以上
元生活保護受給者の管理人が
暇でお嘆きの生活保護受給者の方へ
また、お金をかけずに暇つぶししたい方へ
私ならこういうことをするという視点で
生活保護向けの暇つぶしを紹介します。

生活保護向けの暇つぶしを紹介する前に

そもそものご意見として
つぶす暇があるなら働け!
社会舐めてんのか!
こっちは暇を削って働いて税金払ってるんだ!
という厳しい意見も当然あるかと思います。
とはいえ、生活保護受給者には
体力的、精神的にまだ働けない状態の方も
いらっしゃいます。
また年齢などから、もう働くのは難しい方も
多くいらっしゃるかと思います。
そんな方向けの時間の過ごし方を
『お金がかからないかどうか』
『将来的に活かせるかどうか』
という視点からお話します。

生活保護の暇つぶしと言いましたが
お金をかけたくない方全般へ向けた
内容となっています。

生活保護向けの暇つぶし一覧
・図書館
・勉強
・市区町村のHP・広報チェック
・掃除、片付け
・散歩
・裁判所見学(傍聴)
・数独(ナンプレ)
・料理
・家庭菜園
・病院
・ハロワ見学
・ネトゲ
・暇をお金に

図書館

皆様のようにこのブログを見てくださる方は
書籍もそれなりの時間
抵抗なく読めるかと思います。
図書館を利用するのは
コストパフォーマンス的に最高です。
本に限らず雑誌・新聞も置いてあります。

思いのままに本を手に取るのも勿論良いですが
園芸・地理・占い…と、ある分野を決めて
その分野の本を読みこむのもお勧めです。
相乗効果で、その分野について
深く掘り下げられます。

勉強

働ける状態でないが、就職を見据えている
という方はやってみましょう。
就職まで見据えないにしても
頭を働かせることは非常に有意義です。

語学・漢字・簿記・金融…
色々ネタはあるかと思います。
就職まで見据えるのでしたら
特にプログラミング関連をお勧めします。
(python、Java、SQLなど)
弁護士、公認会計士…など難易度の高い勉強は
お金をかけずに行うのは難しいですが
(そもそも受験資格などの問題もありますが)
この情報があふれている時代
難易度的に低~中くらいの勉強であれば
図書館とネットでの情報で
そこそこ出来るようになります。

あくまでステップアップとしての勉強ですが
暇つぶしを目的としたり
多少お金をかけてよいという考えでしたら
定額のweb受講サービスなどを
利用するのもありです。

市区町村のHP・広報チェック


お住いの市区町村のHPや、市報など、公的機関発信の情報をチェックします。
困った方への公共料金減免、猶予制度や、就業支援の案内、イベントの告知など、市区町村によって様々ですが、 暮らしていくために有用な情報が沢山あります。住んでる地域のHPや市報なんて見たこと無い、読んだことが無いという方は、ぜひ一度見てみて下さい。やるべきこと、やった方が良いことなど、発見があるかもしれません。

掃除・片付け

私も生活保護受給し始めの時期は
部屋が大変散らかっていました。
はっきり言うと汚部屋でした。
要らないもの、汚れたもの
使わないもので溢れているなら
部屋の片づけを勧めます。
不思議ですが、部屋がすっきりすると
頭がよく働くようになりました。
余計なものが無くなると、そのものについて
考えなくてもよくなるからでしょうか。

特に散らかっていないという方も
掃除をしてみてははどうでしょう。
浴室やキッチンなど
水回りの掃除は万全でしょうか。
ほこりなど溜まっていないでしょうか。
衛生環境的にも綺麗にするのは良いことです。

掃除、片づけをした結果
まだ使えるけど不要なものが出てきたら
メルカリなどで売ってしまうのも良いですね。
さらに暇が無くなります。

散歩

天気の良い日に少しお出かけ…
健康維持にお勧めです。
初めは歩いて往復30分程から
慣れてきたら1時間から2時間程
歩けるようになると思います。

節約を意識して、自宅で作ったお茶を
ペットボトルや水筒に入れ持参すると
出費もなくてお勧めです。

裁判所見学(傍聴)

裁判を見学するやつです。
平日の昼間のみと時間は限定
また、場所も限られていますが
可能な方にはお勧めする暇つぶしです。

裁判では
人の欲望、被害者のやりきれない気持ちなど
色々なものが凝縮され、展開されます。
その辺のドラマよりもよっぽど
面白いものが見れるかもしれません。
注目の裁判は抽選になるほど人気が出ます。

難しそうなイメージ
堅いイメージもあるかと思いますが
交通費以外のお金はかかりません。
機会があれば参加してみましょう。

数独

ナンプレとも言います。
お手軽にできるパズルです。
9×9のマスの中に
1から9までの数字を入れていくパズルで
ルールは次の3つだけです。

  • 一列で同じ数字は使えない
  • 一行で同じ数字は使えない
  • 一つのブロックで同じ数字は使えない
    (ブロックは3×3の9つに分かれています)

頭を使うのでお勧めです。
いくつか無料のサイトを置いておきます。
数独無料ゲームー数独問題集
ナンプレ20-無料数独問題集

料理

少し凝った料理を作ってみるのはどうでしょうか
特に自炊頻度の少ない方が自炊をすると
食費を多く節約できるかと思います。
レシピは図書館やネットで幾らでも探せます。
初めから力を入れすぎると
余った材料どうしようとかなりますので
出来そうなものから徐々に
ハードルを上げていくと良いでしょう。

家庭菜園

トマトやトウモロコシ、きゅうりなど
好きな野菜などを育てて収穫します。
土づくりや肥料、苗を買ったりなど
初期費用は少し掛かりますが
(と言っても1000円あれば色々揃います。)
長期にわたって楽しめます。

畳半分だけのスペースの
雑草を手入れするだけでも
結構体力を使うため、運動になります。
そして、美味しく作れたものを収穫できたら
次は何を作ろうかとハマっていきます。

慣れてきたら、市民農園などを借りて
本格的にやるもよし
農業に興味が出てきたら
農業法人などに就職するも良しです。

病院

病気だから行く病院ではなく
予防や検査のために病院へ行くことを想定しています。

暇つぶしなどではなく最優先で、
優先順位1で取り組むべきテーマです。
というか、暇なうちに行きましょう。
生活保護を将来脱出する計画を描くなら
健康であることは必須条件です。
また、生活保護を脱出できないだろうと割り切ったとしても
不健康でも構わない理由にはならないはずです。

具体的には
歯に違和感はありませんか?
健康診断は受けていますか?
身体で違和感を覚えるところはありませんか?

生活保護では医療費は無料です。
市区町村によっては生活保護でなくても
無料・格安で受信できる健康診断もあります。

何か気になる点があればさっさと受診して
ご自身の現状を把握しましょう。

ハロワ見学

現在、就労しておらず
将来、就労するつもりのある方へ提案する
至って真面目な暇つぶしです。

ハローワークに行き
どんなことをしているのか
どんなイベントを開催するのか
求人はどうやって確認するのか
見学するだけです。
この時点で求職することは特に目的としません。

勿論気が乗りましたら
その場で求職者登録しても良いですが

主な目的は、ハローワークについて知り
いざ就職活動するとき
ハローワークへ行くハードルを
1段階下げるためのものです。

ハローワークへ行ったことがない人より
ハローワークへ行ったことのある人の方が
ハローワークを利用して就職するイメージも抱けますし
具体的にどう利用するかについて、考えやすいです。

ネトゲ

取り上げてみましたがお勧めしません。
特に、物事に全力でのめりこみやすい方には
全くお勧めしません。

私も生活保護を受ける前ですが
一時期ネトゲに嵌っていました。
今はサービス終了したネトゲですが
私はそこで大手ギルドのマスターをしていました。
サーバ内のボスを一番目に倒すことなどに
全力を尽くしていました。
ぶっちゃけ気持ち良いです。
ネトゲという世界で注目されるのは
大変気持ち良いです。
きっとドーパミンが大量に出ていたでしょう。

しかしそのためには
長時間ネトゲにINして張り付いていたり
重課金して周りを圧倒する強さを得なければ
なりません。
ネトゲに嵌った方なら
同意していただけるかと思います。
ネトゲは時間をかければそれだけ強くなるので
生活保護受給者との親和性は非常に高いです。

いつのまにか、ネトゲをするのが娯楽から義務になり
楽しくなくなり・・・
結局疲れて辞めました。
自分が足りが多くなりましたが、ネトゲはお金、時間
あるいは両方を結構費やします。

しかし、ネット越しとはいえ
他人と関わり続けたので
コミュニケーション力の維持にはなったかなと…
なので全否定もしません。
仮にネトゲをしていなかったら、私のコミュニケーション能力は
もっと下がっていたと思います。
ということで、人とのコミュニケーションが全くない方には
少しお勧めします。

暇をお金に

もし、何か出来ることがあるなら
お金に換えることができるかもしれません。
イラストを描いたり、写真を投稿したり
相談にのったりなど…
自分が考えている以上に、お金になるネタはあります。
面白い世の中になったと思います。
クラウドワークスやランサーズなどで探せば
案件は色々あります。
時給ベースで考えれば
大したことは無いかもしれませんが
時間をお金に換えてもよいのではないでしょうか。

まとめ

以上、私の実体験を中心にした
生活保護の暇つぶし紹介でした。
10選と言いつつ10で収まりませんでした。
出費を抑えつつ、将来を見越して行動する。
これが生活保護期の理想の過ごし方です。
あくまで理想論であり
現実はこううまくはいきません。
しかしもし将来、生活保護を脱却して働く
もしくは生活保護を受けつつ
可能な限りアルバイト等をするつもりであれば
また、日々の生活に困って
お金がないと感じている方も
生活を改善するための第一歩として
お金のかからない日々の過ごし方を取り入れ
生活を立て直すのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。