生活保護関連ニュース

生活保護受給者への10万円給付決定におかしいと感じた方、イラっとした方へ

私は元生活保護受給者です。

新型コロナ対策として
一律で1人当たり10万円の特別定額給付金を支給する
賛否両論あるかと思います。

その対象には生活保護受給者も含まれ
4/21に、厚生労働省が
「特別定額給付金の10万円は収入として扱わないように」
と生活保護を担当する行政へ通達したため
生活保護受給者も生活保護受給額を減らすことなく
満額受け取ることが出来ます。

こちらの厚生労働省からの通達、1ページ目に記載があります

ですので、生活保護受給者の方も10万円貰えるのは
決まったとみてよいかと思います。

これについて様々な意見もあるかと思います。

「会社が倒産した人とかならわかるけど、生活保護の人ってコロナで困ってるの?」
「なぜ安定的に生活保護費が入る生活保護受給者を税金で助けるのか」
「余計な出費を自分たちの税金から払うのか」
「この人たちは10万円だけではなく生活保護費も普通にもらって納得いかない」

その気持ち、わかります。

今回は、一度生活保護受給者になり
今は納税者の側に立った私が
こんなもやもやした気持ちへの回答をしていきたいと思います。

目次
 10万円の特別定額給付金の目的
 生活保護の暮らしぶりは色々
 生活保護は誰でも使える権利
 生活保護受給者の方へ
 まとめ

〇10万円の特別定額給付金の目的

まずは、総務省のHPから
10万円を給付する目的を見てみましょう。

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」
(令和2年4月20日閣議決定)において、

「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、
生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し
人と人との接触を最大限削減する必要がある。
医療現場をはじめとして
全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への
敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し
見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」

と示され、

このため、感染拡大防止に留意しつつ
簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。

総務省HPより引用

ということですが、どう捉えましたでしょうか。

新型コロナの影響で苦しくなった方への補填~
など、そういった方に限定する趣旨ではないようです。

30万円給付の話が出た時には
新型コロナの影響で生活が困窮した方への支援
という目的が確かにあったのですが
10万円給付ということになって
目的自体も変わっているのです。
今回の特別定額給付金、10万円給付は
日本国民であれば、誰でも受け取っていいお金なのです。

〇生活保護の暮らしぶりは色々

とは言っても、まだ納得いかない方もいらっしゃるかと思います。
そもそも、生活保護受給者の暮らしぶりはご存じでしょうか?
生活保護受給者と言えば一言で言えますが、実態は

年金が少なすぎる高齢者(生活保護月4万円)
障害などで働けない若年・中年(生活保護月12万円)
ただの怠惰な労働拒否者(生活保護月12万円)
短時間のアルバイトをする能力しかない人(生活保護月8万円)
アルバイトで得るお金が足りない勤労シングルマザー(生活保護月5万円)
子供も手がかからない年齢なのに働かないシングルマザー(生活保護月22万円)

のように、生活保護を受給する理由も
生活保護の受給額も人それぞれです。
これを一括りにして、生活保護受給者は~~というのは
あまりに暴論だと考えます。
それぞれ、コロナで困ったかどうか
個別に考えてみましょう。

1、まず、働いていない方
…確かに多少しか困りません
マスクや消毒液の出費がかさむかもしれませんが
多くても1人当たり月に数千円程度でしょう。

とはいっても、この働いていない方の内訳は
高齢の年金受給者が大半で
例えば、年金が月5万円でこれだけでは生活できず
生活保護を受給している人などがいます。
こちらに支給しないのであれば
そもそも年金受給者に支給するべきなのかという話になります。

2、アルバイト等をして、不足分は生活保護を貰っていて生活している方
こちらが程度の差はありますが、コロナで困っている人です

仕事がなくなり減った分のアルバイト代は
生活保護が増額されて補填されますが
減った分のアルバイト代全額が補填されるわけではありません。

補填されないアルバイト代はその分減収なので
仮にアルバイトの収入が全額無くなれば
だいたい月に1.5万~4万円が減収になります。
減収しても生活保護は保証されますが、生活は苦しくなります。

生活保護=仕事をしていない人
という固定イメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが
実際に働ける方は能力に応じて働いています。
生活保護だからといって切り捨てる前に
個別に事情を見て欲しいと思います。

〇生活保護は誰でも使える権利

それでもまだもやもやしている方へ

大前提として、生活保護は
生活が困窮すれば誰でも申請し、受給する権利があります。
生活保護を受給すれば良いんです。
生活保護制度は日本の最後のセーフティネットだからです。

ですので、現在生活保護を受給していない方は
それだけ恵まれています。
(制度上は・・・)

とはいえ、生活保護世帯になっていない方は2種類です。

1つめは、生活保護を受ける必要が無い方
2つめは、生活保護を受けるべきなのに受けていない方

生活保護を受けるべき困窮した生活水準にある方で
生活保護受給者へのバッシングをする方は
自分も受給すれば良いと思います。
生活保護の受給要件は市町村によって異なりますが
調べて申請しましょう。

そして、生活保護受給者の方の中には
自分を最底辺だと思っている方がいますが
全く違います。
働いているにも関わらず
生活保護水準以下の収入のワーキングプアや
ホームレスより格段に恵まれています。
日本の社会保障制度の綻びですね。
なので、生活保護受給者になることを
特段嫌悪することも無いかと思います。

もし自分も生活保護を受給した方が
良いんじゃないかと思った方は
素直に生活保護の受給も検討してみましょう。
生活保護制度は遠い向こうの制度では無くて
すぐ身近にある制度です。

〇生活保護受給者の方へ

生活保護受給者の中には
特別定額給付金の10万円を受給するかどうか
迷っている方がいらっしゃるかもしれません。

批判は大きいかと思いますが
素直に受け取るべきです。
コロナは収束する気配を見せませんし
コロナの前の生活に戻れる保証はありません。

マスクや消毒液、外出不要の娯楽
食材の配送サービスなどにお金を使って
少しでもコロナに感染する確率と
コロナを他人に感染させる確率を下げましょう。

〇まとめ

何かとバッシングの対象になる生活保護受給者ですが
大多数の方は自身の能力に合わせて頑張っています。

今回の特別定額給付金は今こちらを読んでいる方含め
全国民が対象なので
生活保護受給者を仲間外れにしなくても
良いのではないでしょうか。

そして、コロナは全く先が見えません。
今回の特別定額給付金、生活保護の方もそうでない方も
素直に受給しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。