就職バイト

就職・バイト体験記ー試験監督は1日からはじめられる

私は何度も転職を繰り返し
色々なアルバイトもしました。
今回は、私の体験談として
試験監督についてご紹介します。

・試験監督はどんな仕事?
・試験監督をするメリット
・試験監督をするデメリット
・試験監督を探すときの注意
・まとめ

試験監督はどんな仕事?

私は英語検定の試験監督をしました。
その実例でお話しします。

受付、誘導、教室での監督
大まかにこの3つの業務がありました。
試験によって、各業務の人数配分は異なりますし
業務の具体的な中身も変わってきます。

受け付けは、受験票と本人確認を行い
試験会場への軽い案内を行います。

誘導は、案内をします。
普通に小学生も受けるような試験ですので
迷ってしまう方も普通に居ます。

教室での監督ですが、これが一番大変だと思います。
試験の開始と終了をアナウンスし
試験用紙を配り、回収します。
筆記用具を忘れた
試験中にトイレに行きたい…などなど
色々な受験生の要望が出てきます。
また、カンニングなどもされないように気を使います。
英検に限ったお話ですが、リスニング試験時にはCDを流します。
これが結構神経を使います。
工事の音などがあって、聞き取れなかったりしたら
CDを再度流したりしますので…
と言うものの、ずっと張りつめているわけでもなく
基本は椅子に座って考え事をしながら教室を見てます。

また、試験会場の準備もします。
机に試験番号を貼ったり、ホワイトボードへの書き込みなどです。

以上の業務を行っていきます。

試験監督をするメリット

・単発なので、都合の良いときに

1日限りの仕事です。
他に仕事をしていても、学校などがあっても
タイミングがあれば仕事をすることが出来ます。

・待遇はそれなり

8時から17時までの実働8時間、休憩1時間
ということで募集をしていますが実働7時間でした。
特にトラブルが無ければ答案を集めて終了なので早く上がれます。
また、昼食付でありがたかったです。

・お金が入るのが早い

単発でのお仕事なので、締め日を待つことなく早めに給料が貰えます。
今は断言できませんが
英検は2018年では給料は即日現金手渡しでした。
もし銀行振り込みになっても
振り込みは結構早めになると思います。

・人間関係に悩まない

単発のお仕事ですので
もし同じ試験監督スタッフに嫌な方がいても
もう一緒に仕事をすることはありません。
試験が終わればさようならです。

試験監督をするデメリット

・ほぼスーツ必須

資格試験において、パーカー姿の人が
試験監督をすると違和感あるでしょう。
クールビズがいくら推進されても
この業界は最後までスーツだと思います。
男性はスーツ着用、もしくはそれに準ずる服装
女性はオフィスカジュアルと記載があります。
スーツが無ければ応募しないほうが無難です。

試験監督を探すときの注意

資格試験はいつも行っているわけではないので
募集が非常に不定期です。

また、募集数自体も少なめです。
資格試験などは土日に行うケースが多く
埋まるのが早い傾向にあります。
ですが不人気の会場
(駅から遠い、主要駅から遠いなど)は
遅くまで残る傾向にあります。

1回試験監督を経験すれば
「何月何日から募集します」という告知が来るようになりました。
また、そろそろ募集されるなというタイミングがわかるようになります。

まとめ

以上、管理人の体験談も交えた試験監督の仕事紹介でした。
試験監督はなかなかのレアバイトですが
手軽にできるアルバイトです。
お金が困ったときなどにお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。