マイナンバー

マイナンバーカードの健康保険証登録をすれば生活保護世帯でも7500円相当のマイナポイント貰えます

マイナンバーカードに健康保険証としての利用申し込みをすると、マイナポイントとして7500円相当で利用できるポイントが貰えます。

これは生活保護世帯の方も対象としています。2022年6月開始予定です。

ここだけ聞くと、健康保険証を持っていない生活保護世帯の方が多数なのに、どうしてマイナポイントが貰えるのか不思議がられそうですね。その理由も合わせてお伝えします。

※もうマイナポイント事業そのものは2年前から始まっているので今更ですが、マイナポイントとはキャッシュレス決済に紐づいたポイントです。クレジットカードのポイントやPayPayなどのボーナスとして貰えます。

目次
生活保護世帯でもマイナンバーカードで保険証利用ポイントは貰える
マイナンバーカードの健康保険証登録は生活保護世帯でも出来る理由
生活保護世帯のマイナンバーカードで保険証利用
収入認定はされないのか
まとめに代えて

生活保護世帯でもマイナンバーカードで保険証利用ポイントは貰える

まずは大前提として、生活保護世帯でも健康保険証登録分のマイナポイント7500円相当を貰える根拠を、示しておきます。
マイナポイント運営元である総務省様のお言葉です。

Q:マイナンバーカードの健康保険証利用の対象となる医療保険制度に加入していないため、マイナンバーカードを健康保険証として利用することができないが、健康保険証の利用申込みをすることで7,500円相当のポイントはもらえるのか。
A:生活保護受給者など医療保険制度に加入していない方や、申込み時点では資格情報がシステムに未登録の方も、健康保険証利用申込みをいただければマイナポイントの付与対象となります。

総務省 マイナポイント事務局 よくあるご質問

実際に運用されるのは6月からなのですが、予算も取られているので、実施されないということは無いでしょう。

マイナンバーカードの健康保険証登録は生活保護世帯でも出来る理由

さて、健康保険証が無いのにマイナンバーカードで保険証利用の登録が出来るのはどういう理屈かをお伝えします。

怪訝に思っている方も多くいらっしゃるでしょう。

この登録の内容は、マイナンバーカードを保険証として登録しますというものです。
マイナンバーカード「も」保険証として利用しますというのが正しいですね。

逆に、何の健康保険証の代わりにするかというのは重要ではありません。
登録をするうえで、今使っている健康保険証が何かと問われることもありません。

実際の登録において、健康保険証の番号を入力する欄などはありません。

そのため、現時点で健康保険証が無くても別に問題ありません。

マイナンバーカードがあれば、保険証利用の登録そのものは完結します。

保険証とマイナンバーカードの紐づけは、後で公的機関が勝手に行います。

ただ、生活保護世帯においては、基本的に国民健康保険には加入していない扱いになっています。マイナンバーカードを病院で提示されても、対応する健康保険はありませんよ、医療券持ってきてくださいねという話になります。

生活保護世帯が病院を利用して、マイナンバーカードを提示したからと言って、それで医療が受けられるということはありません。現時点での話ですが。

仮に生活保護を抜けるなり、会社の健康保険に入ることがあれば、その加入した健康保険とマイナンバーカードが紐づけられます。

以上、対応する健康保険証が無いというのは、マイナンバーカードを運営する側の話です。1人の利用者としては、マイナンバーカードを保険証として登録しておき、マイナポイントを貰えば良いです。

生活保護世帯のマイナンバーカードで保険証利用

生活保護利用者の医療券は、マイナンバーカードで代用することは現時点ではできません。

ただ、令和5年度中に対象とするように準備が進んでいます。

実際の運用がどうなるかは不明点が多く残っていますが、都度都度病院に行くことを報告しないようになれば、生活保護利用者の利便性は高くなります。

収入認定はされないのか

マイナポイントに対して収入認定はされません。生活保護費が減額される要因にもなりません。
キャッシュレス事業に関するマイナポイントについてのお話しですが、あくまでポイントであるために現金扱いはされませんでした。健康保険証の利用申し込みに対しても、同じマイナポイントであるため、扱いも同じと考えて良いです。

ただ、現時点では始まってもいない話なので断言できません。

一応保険として、仮に収入認定されても良いように出来ることがあります。公金口座登録と実施タイミングをずらし、別の月に7500円ずつ受け取る(世帯で月毎に8000円までの「その他収入控除」が適用されるようにする) ようにすれば万全です。月額8000円までなら、もしマイナポイントが収入認定されても、控除の範囲内なので返還しろとも言われません。

※もっと突っ込んで、 マイナポイントが収入認定不要という話を確認されたいはこちらの過去記事→マイナポイントとは&生活保護費との関連【収入認定不要】

まとめに代えて

以上、生活保護世帯の方でも、マイナンバーカードに健康保険証の利用申込みをすることで7,500円相当のポイントが貰えます。

これに公金受取口座の登録でさらに7500円相当のポイント、まだキャッシュレス事業の5000円分ポイントを貰っていない方はそのポイントも貰えます。
生活保護世帯に限りませんが、貰えるものはしっかり貰っておきましょう。

コメントを残す

間違っている点、疑問に思ったこと、感想、ご意見などお気軽にコメント下さい。疑問点や指摘に関しては可能な限り修正・追記いたします。