生活保護での生活

生活保護受給歴を就活時に隠す方法

私は元生活保護受給者で
今はなんとか就職して働いています。

この記事を読んでいる方は
生活保護受給歴
無職歴など
無かったことにしたい過去をお持ちかもしれません。

今回は就職に向けて
生活保護受給歴を無かったことにして
就職活動する方法を考察します。
応用として、ニート生活の長い方が
無職歴を隠す方法にも活用できます。
生活保護受給歴のある管理人が
実際に就職するにあたって実施したことを交えて
お話しします。

目次
・どうして元生活保護だとバレるのか
・とりあえず日雇い派遣労働者登録
・フルタイムのアルバイトとして働く
・今すぐ動こう
・結局、元生活保護受給者だとバレたか
・まとめ

どうして元生活保護だとバレるのか

自分からうっかり話してしまった
という論外なケース
会社の人といるときに
偶然元ケースワーカーさんと会い
生活保護と関連した話になった。
など、自分ではどうにもならないケースは除きます。

履歴書を見て、空白期間が長い
住民税の支払い額が非課税
(前年度の所得が低いと非課税になる)
など、社会活動に参加していたか
怪しいポイントがあれば

え?この人収入が無さそうだったけど
どうやって生活していたの?

と疑問を抱かせ
生活保護受給歴がバレるきっかけになります。

そこで、これまできちんと生きてきたように見せるための
『アリバイ作り』
をします。

とりあえず日雇い派遣労働者登録

履歴書の空白期間を埋めるために
日雇い派遣労働者として登録し
働くことが有効です。

月に1回しか働いていなくても
その期間は日雇い派遣労働者として
働いていたと説明が出来ます。

とはいえ、いざ就職活動をする段階で
月に1日しか働かないようでは
色々と能力的な低下などの不都合があるかと思うので
流石に就職活動をする段階で
実際に週4日くらい働いておきましょう。

また、日雇い派遣のほかに
アルバイトを始めるという場合でも
日雇い派遣を登録抹消する義務なんてありませんので
ずっと登録しておけば
もし、アルバイトが続かなくても
いつでも気軽に戻ってこれます。

フルタイムのアルバイトとして働く

正社員として就職する前に
フルタイムのアルバイトとして働くことが
住民税のアリバイ作りに有用です。

2020年現在、フルタイムで働けば
少額でも住民税を支払うくらいの給料は
得られるかと思います。

そもそも、実際のところ
いきなり正社員として働くことになるよりは
アルバイト>派遣社員>正社員
など、段階を踏む可能性が高いと思います。

労働慣れする意味でも
何でもいいのでフルタイムで働くのはお勧めです。

今すぐ動こう

ここまでは
現在生活保護受給者などの方が
いつか将来のために今こうした方が良い
という観点でのお話しでしたが

現在求職活動中
もしくは明日からでも求職活動を始める予定
と、高い志を持ちながら
現在は無職である方も

今すぐ日雇い派遣に登録して
職歴を1ヶ月でも多く作れるように
立ち回りましょう。
履歴書の職歴欄の空白期間は
1ヶ月でも少ない方が良いのは事実です。

そんな時間があるなら就活に本腰入れるべき
という考えもありますが
ドロップアウト経験をお持ちの方は
求職活動の結果はそうそう出ないと思いますので
目先の就職よりも
後々の展開を見据えて行動した方が良いと考えます。

因みに日雇い派遣は
他の仕事に従事してはいけない
というルールなどありませんので
就職してもしばらくは何食わぬ顔で
日雇い派遣スタッフ登録状態を続けましょう。
もし、就職先が自分に合わず
すぐに辞めてしまった場合の保険にもなります。

なお日本において、生活保護=無職
という固定観念は非常に強いため
多少でも非正規雇用に従事していれば
この人生活保護?と疑問に思われる可能性は
大きく減ります。
その意味でも、正社員や社会保険完備の非正規雇用など
ある程度きちんとした職への就活時には
完全無職状態で応募するのはなく
何でもいいので非正規労働者の状態で
応募した方が良いです。

結局、元生活保護受給者だとバレたか

私の現状のお話をします。
現在の会社に正社員として就職して
2年ちょっとになります。
私が過去に生活保護を受給していたことは
現在、社内の誰も知りません。
このまま何も言わず隠し通します。

まとめ

以上、生活保護を受給していた経歴を
隠すための具体策でした。

過去は完全には消せませんが
詮索されないように取り繕うことは出来ます。
過去がバレたくなくて社会へ出るのを躊躇している方は
バレないように対策して
とっとと次に進みましょう。

とはいうものの、私の場合はこれで上手くいきましたが
立ち回り方、運、就職先の人事関係者の洞察力、など
色々な要素がありますので
必ず生活保護受給歴がバレない
保証はできかねます。
記事内容をご自身で検証・精査の上
納得の上で実行ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。