節約

みずほ銀行の通帳有料化【今のうちに口座と通帳作るべき?】

みずほ銀行が2021年1月18日以降、紙の通帳を有料化することになりました。どんな形の出費になってしまうのでしょうか?具体的な中身とその理由を説明します。

目次
・みずほ銀行の通帳はどうなる?
・金融機関が通帳をデジタル化したい理由は印紙税
・私の銀行口座
・まとめ

みずほ銀行の通帳はどうなる?

2021年1月18日以降の通帳の取り扱いについて、重要ポイントは2つです。

①通帳発行手数料の新設(2021年1月18日以降に開設いただく口座が対象)
2021年1月17日(予定)以前に開設いただいた口座や、通帳発行・繰越時70歳以上のお客さまは手数料が無料となります。

手数料:通帳発行・繰越ごとに1冊1,100円(税込)

②1年間以上記帳がない通帳のお取扱について(現在お持ちの口座も対象)

毎年1月末時点で1年間以上通帳への記帳をされていない口座は、自動的にみずほe-口座(通帳を発行しない口座)に切り替えとなります。

みずほ銀行HPより

まとめますと、みずほ銀行で紙の通帳を無料で使いたいのであれば

・2021年1月17日までに口座開設すること
・最低1年に1回は記帳すること

となります

金融機関が通帳をデジタル化したい理由は印紙税

通帳の発行にお金を取られるのが納得いかない方へ、理由をお話しします。

紙の通帳に対しては、印紙税という税金が課税されています。通帳の見開きなどに『印紙税申告納付につき○○税務署承認済』という文言を見たことは無いでしょうか?本来であれば、通帳には収入印紙を貼付するのですが『この口座は届け出をして印紙税を納めているため、通帳に都度貼るのは免除されています』という意味です。
つまり、銀行は通帳1冊発行するごとに、200円の収入印紙を用意して(銀行が自前で購入して)貼らなければならないのです。※実際の納税は、年に1回紙の通帳を発行している1口座に対して200円が課税される、簡便にするための特例となってます。10年で考えると2000円を納税することになるため、決して安くはないと感じないでしょうか?

これを積み重ねて銀行業界全体では700億円、業界トップの三菱UFJ銀行だけでも70億円の印紙税を毎年納めています。という前提を知っていれば、コスト削減のために紙の通帳を減らしたくなるのも当然と感じます。(オンラインの通帳には印紙税は課税されません)

紙の通帳からオンライン通帳に切り替えるとキャッシュバック!などのキャンペーンを見ることはないですか?銀行としては、500円払ってでも紙の通帳を辞めて貰った方が特だったりします。みずほ銀行に限らず、あの手この手でオンライン通帳の促進を狙っています。

なお同じ金融機関であっても、信用金庫や農協など地域金融機関の通帳に関しては印紙税が発生しません。紙の通帳にも『印紙税法第五条適用通帳』など書かれています。理由は全く不明で、なんとも不公平感があります。

私の銀行口座

私の金融機関の口座と使い道を紹介します。

みずほ銀行(給料振り込み先)
ゆうちょ銀行(生活費引き落とし用)
楽天銀行(クレジットカード用)
三菱UFJ銀行(株用)
三井住友銀行(貯金用)

の5つです。
3つくらいにまとめたいところです。

それぞれの使い方はこんな感じです。

・みずほ銀行(給料振り込み先)
⇒給料を受け取るだけの口座。口座減らしたいからゆうちょに変えたいと思いながらも、ATMが近くにあって不便もないためそのまま。

・ゆうちょ銀行(生活費引き落とし用)
⇒10年以上この口座から携帯料金などの支払いをしているため今更変える気なし。

・楽天銀行(クレジットカード用)
⇒楽天カードの支払用で実質生活費口座その2。

・三菱UFJ銀行(株用)
⇒余裕のある時はこちらにもお金を入れて、株の購入資金にします。あくまで余裕のある時のみです。株用にしているのは、この口座に入れたお金(余裕資金と思った金額)以上の株を買わないようにするためです。

・三井住友銀行(貯金用)
⇒こつこつお金を積み上げるための口座です。基本的に引き下ろしません。

複数口座があると使い分け出来て、家計管理がしやすいと思っています。また、複数の口座を持つメリットとして、振り込み手数料を減らせるというのがあります。例えばみずほ銀行に振り込む場合、三菱UFJ銀行の口座から振り込むより、同じみずほ銀行の口座から振り込む方が手数料は安いです。3大メガバンクをカバーしておけば、何かの振り込みで同じ銀行に出来る可能性は高くなります。もちろん管理しきれないほどの口座は要りませんが、複数あると使いやすくて便利です。この複数口座という使い方をするなら、みずほ銀行もメガバンクの1つなので使いやすい銀行です。

まとめ

通帳手数料有料化の流れは加速すると思います。みずほ銀行に限らず、金融機関全体がそうなると思います。口座を作成して紙の通帳が欲しい方は、時間のあるうちに早めにやっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。