健康で文化的な生活

マスクの正しい使い方

※本記事は生活保護とは全く関係ありません。

現在、老若男女多くの方が求めるマスク

一般的なマスクで空気感染を防ぐことは
高性能なマスクでなければ難しいですが
一般的なマスクでも飛沫感染はそれなりに防げます。

ある程度感染症対策に有用なマスクですが
ゴム紐がある方が表か
ゴム紐が無い方が表か
使い方は製品によって違うことに
気を付けないといけません。

特に現時点では
マスクが品薄ということもあり
普段使わないマスクを仕方なく使う方が
多いかと思います。

本日も、買い物に行ったお店で
マスクを○○で販売しますという放送がされたら
長蛇の列が出来て一瞬で売り切れて行きました。
このマスクを買った方全員が
普段から同じマスクを利用しているとは思えません。
マスクなら何でもいいと
とりあえず買った感が凄いです。

マスクは正しくつけなければ効果半減します。

せっかくのマスクの効果を
無駄にしないためにも
普段使わないマスクを使う際は
いつもの使い方に囚われず
必ず裏面などを確認して
その製品の正しいマスクの付け方を
守りましょう。

なお、今年度はインフルエンザの流行が
前年と比べ非常に緩くなっています。
厚生労働省は
「マスクや手洗いする人が増え
インフルエンザ対策としても効果が出ている」
と分析しています。
新型コロナウィルス対策に限らず
体調管理のために
マスク、うがい、手洗いは
新型コロナウィルスが落ち着いても
敢行していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。